Life wants a stoked!

波乗り、Web、Moneyが好きな永遠の厨二社長の日常。

サーフィンしていなかったら退屈すぎる人生

 前回のつづき。

oldguys.hatenablog.com

 

嫁の戦略に乗せられて、サーフボードを買ってしまった僕はその後はせっかく購入したのだからと購入したボードはそのショップのボードロッカーを契約して預けることにして、ちょこちょこと湘南に通っていました。少しして、しばらくの間は僕がサーフィンを続けるだろうと確信した嫁は自分もミニロングのサーフボードを購入し、夫婦して休日のたびに湘南に通うようになったのでした。

 

f:id:oldguys:20150711192006j:plain

 

今、振り返るとその年は2011年であり東日本大震災があった年です。僕自身は震災の直接的な被害はなにも受けていませんが、そのときの報道、映像をリアルタイムで見ていたこともありしばらくの間は精神的に参ってしまっていた記憶があります。自分が始めたビジネスも震災から半年後くらいに多少落ち着きだし、休みも取れるようになってきたところで何か新しい趣味を始めたいと嫁がサーフィンやろうと言い出したのでした。その頃は震災とサーフィンを何も関連付けて考えていなかったのですが、僕が最初に乗り気でなかったのは深層心理に震災のことがあったからなのかもしれません。

 

ともあれ、夫婦でサーフィンを始めることになり、休日は充実したものになりました。よく2人でサーフィンした帰り道などに話するのですが、「わたしたち、サーフィンしてなかったら休みの日なにをしてるのだろう?」と。

 

特に思いつかないんですよね、美味いものを食べるのは好きですが、休みのたびに食べ歩きばかりしてたら太るだけだし。たまに映画をみたり、服や小物を買い物しにいったりくらい?もしかしたら暇すぎて他のスポーツ、ゴルフやらテニスに手を出していたかもしれません。世の中のサーファー以外の人は何をしてるんでしょう?案外みんな同じ悩みを抱えているような気がします。

 

f:id:oldguys:20150711193517j:plain

 

サーフィンを始めたばかりの頃はまだ休みもそこまで取れずにサーフィンに費やす時間がそれほど多くなかったので、まだハマってるとは言い難い状況でした。しかも翌年にアクシデントが起きてしばらくサーフィンできない状況になってしまったり!(それはまた別記事で。)

 

f:id:oldguys:20150711193017j:plain

 

でも2015年現在の今は確実にサーフィンにハマっていると言えます。サーフィンがなかったら人生の何が面白いんだろう?と思えるほど。

 

つづく。