読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life wants a stoked!

波乗り、Web、Moneyが好きな永遠の厨二社長の日常。

ソフトバンクのスマホ契約の名義変更がとんでもなく面倒だった件

f:id:oldguys:20151112171150j:plain

以前の記事で書いたように、夫婦ともどもスマホ契約をIIJMIOに変更しようとしています。

 

1店舗目、ソフトバンクショップ銀座店

そんでね、まずは嫁ちゃんのソフトバンクiPhoneの契約名義を僕の名義に変更しておかなければダメということで、、、銀座に用事があったついでにソフトバンクショップ銀座店に行ってみました。そしたらさ平日なのに2時間待ちとか言われたので受付だけしてとりあえず夕食食べてから出直しすることに。

すると、、、そこで発覚したのが下の記事ね。。。なんともはや酷いね。

結局その日は名義変更をするために嫁ちゃんと僕の2名で行く必要を無くす(僕1人だけで名義変更を済ませたい)ための白紙の「委任状」だけ貰って帰りました。これが後々問題になるんだよね。委任状の書き方とか内容をしっかりとこの段階で説明してくれれば良かったのに、、、何の説明もない。本当に不親切。

2店舗目、ソフトバンクショップ大井町店

仕方ないので嫁ちゃんの契約の請求締め日は10日なので、運命の11月10日に行ってきたよ!僕の仕事の動線の都合で大井町店に。別にどこのソフトバンクショップでも名義変更手続きは同じようにできると銀座店にて聞いてきたので。そしたらさ、ここもなぜか平日なのに混雑していて昼過ぎに行ったのに17時にまた来てくれと言う・・・。一応その時間の予約だけした。

念の為、必要書類に不備がないか見てもらう。そしたらここで最初の問題が発覚。委任状は全部の内容を契約者(嫁ちゃん)が記入しなければならないらしい。委任される側の欄には僕の名前とか書くので僕が書いちゃったよその部分。そしたら代筆OKなる記載があるので、それを指摘すると嫁ちゃんに直接電話して本人確認ができればそれでもOKだと言われる。良かった。このまま17時まで待つのはアホらしいので、近隣のソフトバンクショップ大崎店へ行く!

3店舗目、ソフトバンクショップ大崎店 

はい、3店舗目〜。さすがにここで終わるよね?と強い期待を持ってやって来ましたよっと。 ここは待たされることなくすぐに対応してくれた。ところが、、、先程の大井町店と同じように委任状に突っ込みが入る。ほんでこちらも同じように代筆OKなんでしょ?と言う。

そうすると今度は違う突っ込みが。

ソフトバンク「代筆する場合には契約者欄に印鑑が押してあってはいけない!」

ソフトバンク「さらに代筆する場合にはこの委任状の内容全てを代筆者(僕)が記入しなければならない!」

なんでやねん・・・。まあ代筆だからそうなるのか。いいよ〜、じゃあ僕が新しい委任状を最初から書けばいいんでしょ?

はい、書きました。

ソフトバンク「その上で契約者本人に電話確認しなければならない!」

そうですね、それは大井町店でも言われたので。

はい、嫁ちゃんに電話しました。

電話代わりますよね?

あれ?

様子がおかしい。。。

ソフトバンクショップのこの担当の人がものすごく気まずそうにヘッドセット(イヤホン&マイク)で上司らしき人と会話している。 

ソフトバンク「すみませんお客様。私が勘違いをしておりまして、名義変更の場合のみ、代筆は不可となっております・・・。」

僕「え?マジですか?だって大井町店でもそんなこと言われなかったけど。。。」

ソフトバンク「申し訳ありません。。。」

僕「じゃあ委任状を嫁ちゃんにまた書いてもらって印鑑もらわないといけないの?」

ソフトバンク「はい、そうなります。申し訳ありません。。。」 

僕「請求締め日の問題で今日中に手続き完了しないといけないんだけどね、嫁ちゃんは今日仕事なので僕が代理人として来てるわけなので。」

ソフトバンク「申し訳ありません。。。」

僕「(どうにもならないのね。。。)わかりました。」

ソフトバンクショップ大崎店のこの担当の人はものすごく申し訳無さそうな顔をしてたので怒るに怒れないよね。どうしようかな〜。。。もうヤケクソだから嫁ちゃんの仕事場に行って委任状書きなおしてもらうか!そんでその仕事場の近くのソフトバンクショップに行けばいいや。

ということで、一旦自宅に戻り印鑑を取ってから嫁ちゃんの仕事場へ行く!

4店舗目、ソフトバンクショップ武蔵小杉店

嫁ちゃんの仕事場に行く途中に、 近隣のソフトバンクショップである武蔵小杉店に電話で名義変更の件を確認してみる。この店が最悪のクソ店舗だったのだ。

僕「これからiPhoneの名義変更をしたいのですが可能ですよね?嫁ちゃんから僕に名義変更です。」

ソフトバンク「はい、お二人揃って来店頂ければ可能です。」

僕「ああ、いや、委任状があれば僕だけでもOKなんですよね?他店舗にて確認済みなんですが。」

ソフトバンク「少々お待ち下さい。(上司に相談している模様)」

ソフトバンク「大変長らくお待たせして申し訳ありません。当店の場合は委任状を利用しての名義変更は行っておりませんのでお二人揃って来店して頂く必要があります。」

そんな訳あるかい!!!

僕「どういう意味ですか?今まで3店舗回ってきていてどの店舗も委任状でOKだと聞いてから今電話しているんですが?」

ソフトバンク「ソフトバンクショップにおきましては直営店と代理店の違いもあったりして、他店舗様ではOKだったのかもしれませんが当店においては委任状での名義変更は行っておりません。」

契約に関する手続きなのに代理店とか関係あるわけねーだろ!!!

僕「おかしくないですか?どこのソフトバンクショップでも名義変更手続きは同じように可能だと聞いて来てるし、契約手続き関連で直営とか代理店とか関係あるんですかね?」

ソフトバンク「少々お待ち下さい。(上司に電話代わる模様)」

ソフトバンク「お電話代わりました。店長の●●と申します。申し訳ありませんが、当店におきましては個人情報保護の観点から委任状での名義変更手続きは行っておりません。」

僕「個人情報保護?そんなの関係ないでしょ?だったらなんでソフトバンク本体のWebでも委任状で可能と書いてあるし、他店舗でも委任状で可能と言っているんですか?」

ソフトバンク「個人情報保護の観点で・・・・ゴニョゴニョ・・・」

ラチあかねーな、、、しょーもない店だな!!!

僕「じゃあ御店は代理店ということですか?」

ソフトバンク「はい、当店は代理店として経営しております。」

僕「それでソフトバンクショップには直営店と代理店があって、店舗ごとに手続き内容が異なることがあるっていう意味ですね?この委任状ではダメというルールは御店独自のルールなんですかね?」

ソフトバンク「はい、当店独自のルールとなります。実は以前に委任状絡みでトラブルが発生したものですから・・・。」

僕「なるほど、とにかく委任状ではダメなんですね、それは御店独自のルールということで。」

ソフトバンク「はい、申し訳ありません。」

僕「わかりました。納得できませんのでソフトバンク本体のお客様相談室に相談してみます。」

ソフトバンク「はい。」

そしてお客様相談室に電話というのがこの記事ね。

お客様相談室に何とか電話がつながり、上で書いた出来事を全部説明すると、まず何が正しいのかを調べてくれた。

結局、、、「委任状を利用しての名義変更が可能」というのが正しい。 

当たり前だ!!!

直営店だろうが代理店だろうが、契約手続きに関して独自のルールでそれを捻じ曲げるようなことがあってはならないとのこと。 あたりまえ・・・。

ソフトバンクショップ武蔵小杉店にはソフトバンク本部から指導させてもらうとのことらしいが、どうかな。確かめようがないし。丁寧に謝罪されましたが、これ以上、何も求められないので、僕はもうその店舗に行くことはありませんが、今後似たようなことが他のお客さんに起きないようにしてくれと言ってお客様相談室との会話は終了しました。

5店舗目(ラスト)、ソフトバンクショップ武蔵新城店

嫁ちゃんの仕事場にて委任状を書きなおしてもらい、それを持って最後の店舗となる武蔵新城店へ。武蔵小杉店には行くわけないよね。ここも念の為、電話で委任状での名義変更可能かどうかを確認すると必要書類が揃っていればOKとのこと。

そらそうだろな!!!

店舗についてみると、大して待たされることもなく名義変更手続き開始。必要書類を渡すと、ものの10分程で全部無事に終わった・・・。

今までの時間はなんだったのだ!!!

ソフトバンク、ここまで酷いとはね。

今まで僕が利用している時には特に不満もなかったが、こういう部分で本質が出るのかな。

GoodBye! 

孫正義の参謀―ソフトバンク社長室長3000日

孫正義の参謀―ソフトバンク社長室長3000日