読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life wants a stoked!

波乗り、Web、Moneyが好きな永遠の厨二社長の日常。

今季初ブーツ着用した件&嫁ちゃんショートボード特訓&サーフィン日記(2015/12/18・椎名内安太郎前・setヒザモモたまのコシ・▽20オフショア微)

サーフィン サーフィン日記 安太郎前 Item

f:id:oldguys:20151219150838p:image

千葉北椎名内へ

この日は嫁ちゃんが休みなので元々サーフィン予定日。ですが前日から湘南も千葉北も波無さそうという予報だったのですが、湘南は波無さすぎだろうということで少しでも波がありそうな千葉北を目指して自宅を出発しました。一宮あたりが1番良さそうでしたがこんな日は混むのだろうなと思い、結局は椎名内安太郎ポイントに行くことに。

今季の初ブーツ着用

めちゃくちゃ天気が良かったので、ブーツ無しでも余裕だろうと思っていたのですが、念の為に持ってきたNewブーツがあったので履いてみることにしました。先日購入したオニールのブーツ、「GOORU SOCKS」というものです。ショップで試着してみましたが、ジャージ素材で出来ているけど表面は全面ラバーコーティングされていて耐水性は良さそうなイメージ。それに履いてみたときのフィット感が良くて気に入ってのでその場で購入したものです。あまりブーツっていうゴツゴツしてなくてその商品名のように「ソックス」ぽかったので海でもあまり気にならないかもです。 

10:30〜13:30。さっそく海に入ります。 装備は僕はセミドライ&さきほどのブーツ、嫁ちゃんはセミドライ&ブーツ&グローブです。海に入ってもウェットもブーツも新しいので全く水が浸水してこないため、「やっぱりまだ全然余裕だな?」と思いきや、パドルを始めるとグローブしてない手に触れた水はかなり冷たくて・・・、「こりゃもうブーツは必須だな、グローブしても良いくらいだ💦」とブーツ履いていて大正解でした笑

午後はまだマシでしたが、午前中は水冷たいままという感じでした。湘南とこれほど違うとはちょっと驚きですが、、、最近急に冷えたのかもしれませんけどどうなのでしょうね。どちらにせよ、千葉北でも湘南でも今後はブーツ&グローブは一応持っていくことにします。

予想通りのスモールサイズでがら空き

波の様子は、、、写真の通りのスモールサイズ!setでヒザモモ。本当にたま〜のコシという感じ。この日のボードは僕は小波用スワローテイル5’5”、嫁ちゃんはJSデブポニー5’7”。嫁ちゃんはしばらくファンボードは乗らないようですよ〜。波が無いからか?ガラガラで、常時5〜6人程度、Max10人程度しかいませんでした、ほとんどロングボードの人でしたけど・・・。

それでもたま〜にくる大きめのset波取れてロングライドできたりと、僕自身のサーフィンの調子は上向きにある気がしています。それでもこの日はサイズ無さすぎてテイクオフしてちょい横にいって終わり、たまにパンパンして距離稼げるレベルでした。波待ちが長くて天気が良くてもさすがにカラダ冷えます。

嫁ちゃんのテイクオフへのアドバイス

一方、嫁ちゃんの調子はどうかというと、嫁ちゃんは仕事の影響で今のところ週1海に入れるかどうかといったペースなので思うように上達しません。でもこの日はお手頃サイズだったのでゲットがキツイとかは無くてテイクオフ練習にはピッタリな感じ、、、でも波無さすぎですけど。様子を見てるとテイクオフはちょこちょこ出来るようになってきているようです。が、テイクオフしようとするタイミングが遅い&テイクオフ自体の動作が遅いので完全に板は走っていて波が割れ終わった後に立っています、それを少し指摘してみました。まあ僕も初級者なので偉そうなことは言えませんけど、この1年くらいは嫁ちゃんとは海に行っている回数自体が全然違うので僕自身のテイクオフは安定してきていると思います。  

やっぱりサーフィンはカッコよくありたい

さきほどのアドバイスが効いたのかどうかは不明ですがw 少しテイクオフが良くなってきた嫁ちゃん。今度はボードの上に立った後がフラフラしてうまく行かないという。嫁ちゃんがショートボード(とはいえ高浮力のやつだが)練習しだしてから間もないので、まだまだ慣れるまでそんなものだろうとは思うのですが、確かにフラフラしているし、なんかその立っている格好がカッコ悪い。なぜだろう?と良く見てみることにします。

まず嫁ちゃん自身が気付いたみたいですが、テイクオフ時に腕立て姿勢で前足を前にもってくるときにつま先がボード先端を向いてしまっています。まあその方が足を引き付けやすいのでしょうけどそれはダメですよね、90度とは行かないまでもつま先(とカラダ)はボードのレールの方に向けないと。そのせいでカラダがボードの先端方向に向いてしまいがちで、それだとフラフラするはずです。立ってからそれに気付いて直そうとしてボードの上でバタバタするのも良くありません。

次にテイクオフ動作の手順的に後ろ足からボードの上に乗せていくやり方をしているようですが、それを意識しすぎると後ろ足荷重になって波に追いてかれてしまうと嫁ちゃんが言っていますが、その手順は良いと思うのですが、確かに後ろ足荷重になってしまうと失速するのでテイクオフしたらすぐに両ヒザ曲げて重心を下げるのだとアドバイスしました。そうすれば後ろ足荷重になることはあまり無いと思ったのですが、、、嫁ちゃんはそれを意識するあまりか、なんか変な格好になっています笑 確かにヒザは曲げているような感じに見えるのですが、あまり重心が下がっていないように見える?なぜだ?と思ったのですが、よく見てみると前足荷重にしたい意識が働きすぎて前足のヒザしか曲がっていなくて、後ろ足のヒザはまっすぐにピーンと伸びています。その為、上半身だけ前のめりになっているのです、そら格好わるいですね。例えるならば、後ろ足のアキレス腱を伸ばすストレッチをしているような格好ですかね。

「そうじゃないのだ!両ヒザともに曲げて重心を落とさなければダメ。」

というアドバイスをしてこの日は終了。まあこれで解決するのかはわかりませんけど、僕的にはあの変な格好の理由がハッキリしてスッキリしました(*^^)v サーフィンはただテイクオフ出来ればよいというんじゃなくて、格好良く乗りたいですもんね!

f:id:oldguys:20151219150828p:image

f:id:oldguys:20151219150812p:image

f:id:oldguys:20151219150808p:image

f:id:oldguys:20151219150754p:image